検索エンジンで順位アップの集客方法(初心者向け)

検索エンジンで順位アップの集客方法(初心者向け)

イメージ画像(SEO)

さて、今日は先日の記事の最後に書いた、検索順位を上げるために(アクセスを上げるために)どうすれば良いかを書きたいと思います。

例によって初心者向けの基本的なことです。

検索エンジンの目指すところは見る人に有用な情報を提供すること

これにつきるのですが、検索エンジンは、検索した結果、表示されたホームページなどに訪問した際に、ユーザーが求めていた情報を満足に得られるために、日々チューニングをしています。

つまりは検索したキーワードに対し、答えとなる情報をホームページに掲載することで、検索順位を上げることが出来ます。検索した人がどのような情報を求めているのかを考えることが検索エンジン対策となります。

よく、SEO(検索エンジン対策)というと、専門的なテクニックを駆使してホームページを作るといったイメージがありますが(作る上での基本的におさえるべきことは色々あります)、本質的なことはそういうことだと思っています。

具体的にどうするのかを記します。

ホームページ(ブログ)のチカラはボリュームに比例する

誤解を恐れず言ってしまうと、ボリュームが多いほど、検索順位が上がる要因になります。

たとえば、ホームページの作り方を学ぼうとして本を探すとします。

その時に、10ページくらいしかない「薄っぺらの本」と、辞書のように「分厚い本」があったら、どちらの方がホームページをつくれるようになりそうですか?

内容の質は考えず、単純に量だけで見た場合です。

「分厚い本」の方が知りたいことが書いてありそうですよね。

検索エンジンも同様に、ページ数や各ページの情報量が多いほど、評価を高くします。

ホームページにブログを組み込み、更新しているサイトが多いのはそのためです。(このブログもそうですね)

プロフィールサイトのような、会社情報やサービス案内を掲載しているホームページの場合、頻繁に取扱サービスが増えるわけではないのでホームページの情報を増やしていくことは困難です。なのでブログを組み込み、ブログ記事を増やすことで、ホームページ全体のボリュームを上げていくのです。

ブログはどこのサービスを利用するのがベストなのか?で書きましたが、WordPressなどでホームページを構築し、ブログを運用していくことが、一番手っ取り早いアクセスアップの方法です。

テーマを統一し、より詳しい情報を

たとえば10ページあるブログでも、グルメの記事であったり、野球の記事であったり、10ページがそれぞれ関連性のない内容であったら野球のことは1ページの情報しかないことになります。

その場合、いくらページ数が増えても、野球のことに関して1ページしかなければ、野球のことで10ページあるホームページには、野球関連のキーワードでは勝つことが出来ません。

このブログでは結構ノンジャンルで記事を書いていますが、SEO的にはあまり好ましいことではありません。(汗)

ラーメンが食べたいとき、ラーメンの他に色々なメニューがある食堂と、ラーメン専門店では、どちらの方が満足できそうでしょうか?(一般的な意味で)

もちろんラーメン専門店ですね。

検索エンジンも同様に、いろいろな雑多な情報があるサイトよりも、テーマの決まった専門的なサイトを評価します。

また、より詳しい情報が載っている方が当然として評価は高くなります。

読む人にわかりやすく

この記事を良く見てください。話があっちこっちに飛ばないように、内容を整理し、内容ごとに区切って見出しを付けています。

これが、内容がごちゃごちゃで見出しもなければ、とても読みづらいページになりますよね。

Googleは現在、文書構造(見出しや構成を明示的にしているか)も見て評価していると言われています。

そもそも人に読んでもらうためのホームページやブログですから、整理されていない読みづらい文章で、アクセスされても読まれないのでは意味が無いですよね。

また、人は文章よりも画像の方が目に付き、理解もしやすいです。理解を助ける画像を効果的に使うようにしましょう(これもこのブログはあまり出来ていませんね^^;)

検索エンジンに評価されること=人に評価されること

僕は基本的な検索エンジン対策としては、ここで書いたことで充分だと思っています。

以上のことを実施し、検索エンジンに評価されるようなホームページ、ブログになれば、必然的に他のブログなどで紹介されたり、SNSでシェアされます。

専門的な内容で詳しく、ボリュームも充分で、読みやすいホームページ(ブログ)は何もしなくてもアクセスを集め、検索順位も上がります。単純ですが、難しいことでもあるんですけどね。

検索エンジンの評価を上げようとするあまり、全体を見ない小手先のテクニックは、すでにペナルティとされて評価が下がることも多くあり、今はグレーでも必ず将来的にブラックになります。

検索エンジンに評価されようと思うのではなく、見に来てくれた人に評価されるページづくりを目指して下さい。