ホームページ制作

ホームページ制作のコンテンツは別サイトに移行しました。最新の料金プラン、制作事例はこちらのサイトを参照して下さい。

ホームページの制作を依頼するにあたって

現在は、誰でも手軽にホームページを制作できるソフトやサービスがあり、「わざわざプロに頼まなくても自分で作れるし・・・」「知り合いが安く作ってくれるから・・・」と思っていませんか?
また、「ホームページを作ったのに誰も見てくれない。検索しても出てこないし、ホームページなんか作る意味はあるのか?」といった悩みはありませんか?

ホームページを作るということは、お店をもう1店舗増やす、営業所を新たに作るということと同じです。その時に、ホームセンターで材料を買って日曜大工で作るのか、お金をかけて専門家に頼むのか、つまりはそういうことです。

では、具体的にどんな違いがあるのか、効果の出ない理由、改善方法は何なのか、集客するためには何が必要なのかを、ここで説明したいと思います。

あまりこういうことをホームページに載せる制作業者はないかもしれません。しかし、我々はアドバイスやお手伝いをする立場であり、実際にフロントラインで運営していくのは依頼者様です。

これから書くことは、どのような意識で運営していくべきなのか、また、制作業者を選別する時にどんな見方をすれば良いのか、そういったことを考えるときにきっと役に立つと思います。

プロに依頼することのメリットは?

今では、ちょっとセンスのいい人であれば、プロでなくてもある程度見栄えのするホームページを作ることが出来るようになってきました。

プロが制作したホームページと、一般用のホームページ作成ソフトや無料ホームページ作成サービスなどで制作したものはどんな違いがあるのかを説明します。

一見、プロが作ったものとそうでないものはあまり違いが無いように見えることもありますが、目に見えないところで多くの違いがあるものです。

ソースコード(内部構造)の違い

一般用の制作ソフトはムダなモノが多くなる

プロは一般的に、HTMLとCSSといったホームページを画面に表示させるための言語を、直接打ち込むか、プロ用の編集ソフトを使い、HTMLとCSSを確認しながら制作します。(ソースコードとはどのようなものか、参考までにディーエーピーのホームページのソースコードの一部です)

対して、プロではない人は、ホームページビルダーをはじめとする一般用の制作ソフトを使ってHTMLとCSSを意識することなく、見た目だけで作ります。(もちろん、ホームページビルダーなどを使うプロの人や、ちゃんとHTMLとCSSを理解して作る素人の方もいないわけではないですが)

その時にどのような違いが出るかというと、見た目でレイアウトしていく制作ソフトなどで作る場合、操作をわかりやすく簡単にしてある反面、内部的な部分をソフト任せにするために必ず無理が出来、不要なソースコードが大量に含まれてしまうのです。
つまりはムダが多いために、読み込み速度が遅くなったり、読み込みエラーの原因になり、検索エンジンがデータを取り損ねたり、画面にうまく表示されないといったことがおこる可能性が増えるのです。

文章として正しい構造になっているか

また、内部構造がめちゃくちゃで、検索エンジンから見て不自然な構造になります。

各ページの記事、内容は基本的に文字を主体とした文章です。画像やイラストも入りますが、多くの場合補助的なもので、あくまで文章を読み、理解してもらうものです。

小説を思い出して下さい。
複数の「章」に分かれ物語が展開していきます。その「章」の中でも、それぞれ見出しで分けられたいくつかの展開があります。
小説に限らず、雑誌や専門誌、教科書などでも必ず、大きな分類、それぞれのタイトル、本文や注釈、補足説明など、一つ一つの役割に応じた意味合いを持たせ、構造化されています。

ホームページは文章構造に関係なく、装飾や見た目を変えられるため、表向きは文章構造が正しいかどうかは判断しづらいです。しかし、検索エンジンは見た目と関係なく、ソースコードを読んでいきます。ソースコードが正しい文章構造で記載されていることで、ページの中の重要な単語や文節を判断し、検索結果に反映するデータを拾っていくのです。

例えるならば、家を建てるときに、構造や強度などを考えず見た目だけ考えて家を建てることと、きちんとした設計の元、見えない部分にも配慮し家を建てる位の違いがあります。(ちょっと例えが極端ですが)

そのほかにも、次に説明する「環境の違いによる表示の影響」や「SEOを意識した制作」につながります。

環境の違いによる表示の影響

多様化する閲覧環境

昔はホームページはパソコンで見るものでした。いま、ホームページを見ることが出来るものはパソコンの他に、スマートフォン、タブレット、家庭用ゲーム機、テレビ・・・と様々なデバイスで見ることが出来ます。

また、パソコンだけをみても、ノートPC、デスクトップPC共に、様々な画面サイズがあり、WindowsとMacintoshやLinaxなど、OS(オペレーティングシステム=コンピュータが最低限の動作をするための基本ソフト)の違い、また、Internet Explorerの他にもシェアのあるChromeやFirefoxなどのブラウザの種類、バージョンの違いと、実に様々な環境でホームページは閲覧されています。

このような状況で、どの程度の人に全ての情報を伝えることが出来るかはとても重要なことです。
作ったホームページが、自分のパソコンでは正常に見られても、他の多くのパソコンで違った見え方をしているのでは伝えたいことをきちんと伝えることが出来ません。

標準的な環境で同じ表示に

HTMLとCSSをきちんと理解して制作できないと、違う環境でも変わらず見られるホームページを制作することは絶対に出来ません。
Windows標準のInternet Explorer以外のブラウザやスマートフォン、タブレットなどでよくインターネットをする方なら、表示が崩れて読めない文章があるホームページを見たことがありませんか?
ホームページビルダーなどで制作すると、ブラウザによってレイアウトが崩れることが多いです。

様々な環境に対応したホームページを作ることが出来る。これがプロに依頼する最大のメリットかもしれません。

ディーエーピーでは、Internet Explorerはバージョン8以上、Firefox、Chrome、Safari、Operaなどのモダンブラウザは最新バージョン(これらのブラウザは自動的に最新版にアップグレードされます)で、ほぼレイアウトの変わらないホームページを制作しています。
もちろん、標準でスマートフォンでもPCと同様の表示で閲覧できます。(スマートフォン対応の場合はスマートフォン専用の表示になります)

SEOを意識した制作

せっかくホームページを作ったところで、検索しても全く検索結果に表れなければ存在しないのと同じです。

一昔前は、検索サイトの上位表示は外部リンク(他のホームページからの紹介リンク)が多ければ多いほど有利でした。
そのため、大量のホームページを用意し、そこから一斉にリンクを集め、上位表示をするSEO対策業者があふれていました。

現在は(未だ外部リンクの効力はありますが)、不正に増やした外部リンクはペナルティの対象となりつつあり、Googleも不正リンクやリンクの売買に対して厳しくすることを公式に発表しています。

外部リンクを容易に増やすことが出来ない今、今後の対策として重要なのは内部対策(検索エンジンに有効なHTMLの記述とコンテンツ)です。(SEOに関して詳しくは後述の「検索エンジン対策(SEO)について」をご覧ください)

SEOに有利なページを作ることのひとつとして、無駄なソースコードを増やさない、検索エンジンの理解しやすいHTMLで記述するということは、素人には出来ないプロの技術です。

レイアウト、デザインの客観性、一般性

ホームページのデザイン、レイアウトなどは本来、好みで決めることではありません。(予算を抑えようとすると、担当者の好みで決めざるを得ないことも多いのは事実ですが・・・)

デザインやレイアウトは、一般的に多くの人が好むデザインであったり、商材のターゲットとなる特定の人が好みやすいデザインである必要があり、多くの人が見やすい、迷わず情報にたどり着きやすい構成、レイアウトである必要があります。

そのためにどのような構成にするか、デザイン、色遣いにするかを客観的、一般的な目線で検討し、そのための知識やノウハウを持っています。

ホームページを作れば効果は出るのか? 効果を出すためには何が必要か?

15年以上前、まだホームページを持っている方が珍しい時代は、確かにホームページを作れば効果が出やすかった時代がありました。

現在は、ホームページがあるのが当たり前といっても過言ではありません。そのような状況の中で、ホームページを作りさえすれば売れる、そんなことは夢物語です。

制作費の考え方

ホームページを作る目的

ホームページを作りたい。その目的はなんですか?

なぜホームページを作るのか、理由はだいたい以下のようなことでしょう。

  1. 名刺交換や人伝で会社を知ってもらったときに、会社名で検索される事が多く、その際に無いと困る。誰でも見ることが出来る会社案内の役割。
  2. 自分の会社、店を全く知らない人でも存在を知って欲しい。新規顧客を獲得する役割。
  3. お店で売っていた物をインターネットでも販売したい。販売エリアの拡大。
  4. 自分の会社や店を知っている人にも、もっとよく知ってもらいたい、もっと来店してもらいたい。来店頻度の向上、ファンの獲得。
  5. 興味がある、なんとなく有った方が良いと思う。目的不明。
会社案内代わりのプロフィールサイト

会社案内代わりのプロフィールサイトは、新規取引前や名刺交換での挨拶後、会社名で検索して詳しい情報を見て頂く。会社名は知っているが、その会社のことは良くは知らないので、どんな会社か調べる。そのようなケースを補うためのホームページです。
無いとマイナスだから用意しておく、そういう目的では妥当と言えるホームページです。
ただ、このようなホームページは勝手に新規のお客さんを連れてきてくれることはほとんどありません。アクセスも1日に数件、よほど特殊な業種やサービスでなければ、何もしないでアクセスが上がることはありません。その反面、ランニングコストは1年に数万円程度ですみます。

 

では、具体的にホームページで効果を出す(売り上げに繋げる)ためにはどうすれば良いでしょう。

ひとことで言うならば、「手間をかけるか時間をかける、それが無理ならお金をかける」ことです。

ホームページを作るということは営業所を新たにつくるということです。

営業所を作ったら、そこに営業の人員を配属します。また、商品やキャンペーンのパンフレットを置いたり、サンプルをディスプレイしたり、POPを飾ったり・・・。また、定期的に足を運んで様子を確認したりもするでしょう。
つまりは営業人員の人件費やパンフレット等の広告費、ディスプレイやPOPを作ったりお客様の対応をする手間、また、通りかかりに存在を知る人が増えるには時間もかかるでしょう。

ホームページも同じです。

作ったきりそのままにしておくことは、営業所にパンフレットを置いておき「ご自由にお取りください」と無人で営業していることです。もちろん、業種や目的によってはそれで良いケースも多くあります。

しかし、ホームページを売れる営業所とする目的であれば、制作後のこともきちんと考えて行く必要があるのです。

ホームページを作る目的は何なのか。プロフィールサイトがゴールなのか、営業所にするスタートなのかによってコストが大きく変わってきます。

効果を上げるホームページにするためには

では、制作後には具体的に何をしたら良いのか、業種や状況によっても変わるので、一般的な方法をお話しします。

前項で「手間」と「費用」、「時間」のいずれか(または全て)をかけることとお話ししました。

手間をかける

効果を出すために手間をかけることで、代表的なものはブログでしょう。
単純にいうと、SEOの効果を出す近道は量を増やすことです。(もちろん中身のない低質なものでは効果は薄いですが)

ホームページの方は母艦として、ブログの記事を増やすことで入り口を増やし、人を集めホームページに誘導するという流れで集客します。

FacebookやTwitterなどのSNSもうまく使っていけばさらに効果的です。

ただ、やはり手間は非常にかかるので、ある程度専属の人員を充てるくらいの覚悟が必要でもあります。

費用をかける

費用をかけて集客するとなると、やはり広告掲載となります。

ホームページはそもそも広告メディアなのに、広告を宣伝する広告? と思うかもしれませんが、「手間」と「時間」に比べ、即効性があり手っ取り早いです。

具体的にはGoogleなどの検索広告や、訪問数の多いホームページに広告掲載をします。費用はやはりピンキリですが、おおよそ費用に比例してアクセスは集められます。

時間をかける

あまり意識的に「時間をかける」ということはしませんが、公開して1ヶ月のホームページより、1年経ったホームページの方が相対的に検索エンジンの評価は高くなります。

オープンして間もないお店より、何年もやっているお店の方がお客様には信頼されるのと同じですね。

検索エンジン対策(SEO)について

ホームページ制作の相談の際、検索エンジンのことについて聞かれることが多いので、ざっくりでお話ししたいと思います。

外部対策と内部対策

このページの最初の章でも少し触れていますが、検索エンジン対策(正確には「検索エンジン最適化対策」です)には2つの手段があり、「外部対策」と「内部対策」に分けられます。

外部対策

ひとことで言えば、他のホームページからどれだけ人気があるかです。

現在では、意図的に増やしたリンク(相互リンクや利益を求めリンクをしてもらうなど)やリンクの売買(業者と契約し大量のリンクを得るなど)は、Googleから明確にペナルティの警告が出てますので、純粋に他からリンクされた自然リンクが外部対策となります。

他からリンクをされるということは、ブログやニュースなどで紹介されたり、なにか話題になるような情報があるなど、役に立つ情報や希少な情報など、質が高いページを作ることが求められるため(炎上など逆のケースもありますが)、増やそうと思って増やすことが難しく、結局は内部対策をきちっとする事が外部対策に繋がります。

内部対策

内部対策は実に様々な要因があり、数百ともいわれる評価基準の総合点によって順位付けされます。一概にこれをすればいいということではないですが、おおよその傾向として何を根本でもっているべきか、大筋でお話ししたいと思います。

内部対策はざっくりでいうと「量」と「質」と考えます。

検索エンジンは、検索した人が求めている情報に即したものを表示しようと、日々改良されています。

検索結果のページにある情報が充分な情報量があるか(本で何か調べるときに、1つのテーマに対して薄い本よりも厚い本の方が求める情報が載っている可能性が高いでしょう)、また、その情報は正確で調べたい内容にマッチしているか、という基準で順位付けをしていると思われます。(もちろんそんな単純なことではないですが)

また、目に見える情報(画面に表示される情報)だけでなく、目に見えない情報(ソースコード)でも評価されると考えられます。

簡潔で検索エンジンが理解しやすい(エラーで止まったりしない)ような記述であるかという以外にも、表示に時間がかかりすぎないか、見ている人が迷うような複雑な構造でないかなど、ソースレベルでの質も評価されていると考えられます。

そういった、見る人がストレスなく、的確で有益な情報を得られるホームページという芯から外れることなく制作にあたることが、内部対策と言えるのではないでしょうか。