AR制作・利用契約

印刷広告を更に便利に! AR広告の制作いたします!

スターティアラボ社の「COCOAR」を利用したAR広告の提供、コンテンツの制作をいたします。

ARの掲載だけでもOK! コンテンツの動画にテロップや音楽を入れるなどのカスタマイズも対応いたします。とてもリーズナブルな料金で、手軽に始める事が出来ます。

AR広告利用料金はこちら

ARとは!?

ARとはAugmented Reality(拡張現実)の略で、現実の物や景色の上に、付加情報を表示する技術の事です。
ディーエーピーで扱うAR広告は、ARを利用して写真やイラストから動画や音楽を再生したり、ホームページにリンクして、既存の印刷物の付加情報を提供する広告です。

QRコードとは違うの?

聞かれたときに、「QRコードの拡張版です」というような説明をするのですが、QRコードよりも出来る事が多様になります。

QRコードとARの違い

必要なものは「マーカー」、「コンテンツ」と「スマホアプリ」

AR広告を使うのに必要なものは、読み取るキーとなる「マーカー」、マーカーを読み取った後に表示する動画などの「コンテンツ」、あとはスマートフォンに「ARアプリ」がインストールされている必要があります。

AR広告のイメージ

どんな事に使えるの? 用途はアイデア次第!

どんな使い方があるのか、いくつか例を出しましょう。

名刺の写真で挨拶動画を!

名刺の写真や似顔絵のイラスト、ロゴなどを使って、挨拶メッセージの動画を流せます。もちろんそのままホームページへリンクも可能です。

商品パッケージでCM動画を!

商品のパッケージやラベルなどにかざすと、その商品のCMやPRを動画で流す事が出来ます。

学校行事の様子や授業の雰囲気などを動画でアピール!

普段、保護者の目の届きにくい学校内の行事や遠足など、保護者便りの写真から動画で見れば安心感UP!
専門学校や私立の学園では、入学希望者へのパンフレットに利用すれば学園内の雰囲気も伝えやすいでしょう。

ブライダルの様々な演出も動画を見れば一目瞭然!

結婚式や披露宴で独自の演出をされている会社様も多いかと思います。しかし文章や写真だけではなかなか伝わりづらい素敵な演出も、動画を見ればイメージに直結します。
そのほか、当日には新郎新婦のプロフィール写真をマーカーに二人のメッセージ動画を流したり、二次会の宝探しゲームなどにも利用する事が出来ます。

更新性を活かした使い方は飲食店に最適!

飲食店などでは、メニューにマーカーを入れておき、その時によって違う、日替わりや週替わりのメニューを写真で出す事が出来ます。
また、ショップカードやポイントカードを使って、その時のオススメ商品やキャンペーン情報、割引情報を表示して来店を促す事に利用できます。

利用法はアイデア次第!

そのほかには、モデルハウスのチラシにかざすと内観を一覧できる動画を流したり、商品カタログで個々の商品の特徴をアピールする動画を流し、そのまま注文ページにリンクするなど、いろいろな利用方法が考えられます。

実際に試してみよう!

まずは専用アプリを無料インストール!

まず、iPhoneなら「AppStore」、Androidスマートフォンなら「GooglePlay」でアプリを探して下さい。もちろん無料です。

ストアアプリでの検索キーワードは「cocoar」です。

QRコードなら、

ダウンロードしてインストールして下さい。

COCOARアプリを起動してかざしてみよう!

パンダのマークのアイコンの「COCOAR」アプリを起動しましょう。
最初の起動時には説明が出るので、右上の×印で消しましょう。

うまく読まないときは少し近づけたり遠ざけたりすると認識することがあります。

AR広告利用料金はこちらへ